とても細かい、けど、大事な部分

設計が完了して工事に入ると、私たちの業務のステージとしては「監理」段階に入ります。

「監理」段階では、実際の建物を作り上げていくうえで、施工者さんと細かいところまで打ち合わせをして作り上げていきます。

私たちの場合、施工図などを作成して逐一細かいところまで確認をしながら進めるように求めていますが、そのようなやり方に慣れていない施工者さんも多いのが実情です。

そういった場合、設計意図と異なる思い込みや間違った判断で施工が行われていたりすることがあります。

これらを防ぐため設計意図を伝える工夫として、CGパースに気を付けてほしい部分や納まりの考え方などをスケッチして提示しました。

とても細かいことですが、設計意図に則した品質の高い建物を提供するために、とても大事な部分です。