「ほうりんこころ保育園増築棟」の解:①

強い日差しと雨を遮る軒の深い大屋根と庇

大きな一つの勾配屋根により建物全体を覆う構成とし、小さな園児を大きく包みこんでいます。

茶色の外壁・屋根で構成された隣接する既存園舎や緑豊かな山々に囲まれた環境に溶け込む色彩として、紅葉時期の黄葉を参考に優しく明るい印象をもつ黄色の外壁にグレーの屋根と庇で外周を覆っています。

既存園舎とは大きく色が異なりますが、明度を揃えること、自然界にある色味を採用することで、違和感なく一体的な景観を形成しています。

南側の公園に開いた明るい保育園

大屋根をもつ家型の保育園

公園に面した南側、園庭に面した北側には積極的に開口部をつくり明るい保育室としていますが、深い軒をもつ大屋根と庇により夏季の直射日光を遮り、降雨時においても窓を開けることが可能になっています。

夏季の日射を遮蔽し、冬季の日射を取込む大屋根と庇

⇒次へ 2.天然木を活かした保育室と原色系のトイレ