窓が取れない洗面所

窓が取れない・・・

間取りをいろいろ考えたけど、洗面やトイレがどうしても窓が取れないところになってしまうなんてことはよくありますよね。

居室(常に人がいる室)と比べるとどうしても優先順位が下位になってしまう洗面やトイレの窓。もちろん通風や換気も取りたいですが、窓があることによる明るさ感や開放感は居心地に大きな違いを生み出します。

欄間越しに外光を取入れる


窓のない洗面所に外光を取入れるガラス欄間を設けた例。
天井がつながることで広がりを感じます。視線と音と臭いは遮断し、光だけを洗面所に取り込みます。ガラス欄間がなければいつも薄暗い場所となりますが、外光が入ってくれば全く印象が異なります。

視線を遮断するフィルム付ガラス壁


窓のないトイレに外光を取入れるためガラス壁とした例。
ガラスには視線を遮る乳白色のグラデーションフィルムを貼っています。視線高さ以下ではシルエットもほとんど分かりませんが、天井あたりはほぼ透明となっています。(1枚目:トイレの外から、2枚目:トイレの中から)

ガラスフィルムは住友3Mなどのメーカーが様々な透過性や意匠のものを販売しています。透過性などの確認は、実際建築途中に現地でサンプルをあててみて確認することをお勧めします。

直射日光を入れないトップライト


窓のないキッチンにトップライトを設けた例。
トップライト上部はガラス屋根がかかったサンルームとなっていて、直射日光が射し込まず漏水リスクが非常に小さい作りとしています。照明を使用していない状態でもキッチンをほんのり明るくしてくれています。

「うーん、どうしても窓を設置できないな・・・。」
諦めなくて大丈夫です!
工夫すれば外光を取り込み明るい居心地の良い場所にすることができますよ。


ALL COLUMNS     TOP PAGE