PICTORUみたかクリニック

高度な画像診断をより気軽に、そしてより迅速で的確な医療を提供する
まちのクリニック「PICTORUみたかクリニック」
画像のピクセルをモチーフに内装、サイン、カーテンなどのデザインをまとめ
機能的で快適性の高い内装デザインを目指しました。

MRIは総合病院などのみに設置され、敷居が高いものとなっている。それらの高度な画像診断を気軽に受診・迅速で的確な診断を提供することができる整形外科クリニック。
重量の大きく磁気・騒音・光などの遮蔽が必要なMRIを既存建物の1階テナントとして内装改修を行った。

□課題

①2つ目のPICTORUとしての内装デザイン②ブランディングを強化する共通言語によるデザイン③既存建物内のテナント工事としての様々な制約

⇒⇒⇒ 建築としての解

 

1.丸形モザイクタイルを用いた有機的な内装デザイン

2.内装デザインと共通言語でまとめた機能的なサインデザイン

3.ステンドグラスのように院内を豊かな色の光で包み込むテキスタイルデザイン

4.落ち着きある待合スペースを中心とした使いやすいプランニング