「PICTORUいずも画像診断室」の解:①

出雲らしい特徴ある外観のクリニック

隣接する既存建物の杉板型枠打放の外壁に対しては同じく杉板型枠打放の外壁に加え杉板仕上を採用し、波打つ屋根に対しては反り上がる木造屋根を用いて、既存クリニックと調和した特徴あるクリニックとしました。

既存棟と渡り廊下で繋ぐデザイン

既存棟と渡り廊下で繋ぐデザイン

 

コンセプト

片勾配の木造屋根は瓦のようなSUS亜鉛メッキ鋼板の採用し周辺環境との調和を図っています。

 

pictoru_外観

 

また、エントランスホールや待合スペースの床材には石州瓦の製作時に発生する廃瓦をリサイクルしたオリジナルの床材を使用しています。

廃瓦を利用したテラゾタイル

廃瓦を利用したテラゾタイル

エントランスホール

 

⇒次へ 2.来院者がわかりやすく機能的なレイアウト