「奥多摩園」の解:④

研修間や研修後のリラックス空間としての内装計画

ラウンジ空間や宿泊室は研修時の集中状態から解放されるOFFの空間としての内装計画としています。

明るい木(メープル)を基調とし、全体的に柔らかい色合いと天井や壁を照らす間接照明により落ち着きある内部空間としています。

IMG_4584

1階のラウンジ空間
柔らかい曲線を用いた天井とランダムに配置されたダウンライト、木目調の天井がラウンジを包み込んでいる

IMG_5397

宿泊室
天井の間接照明と枕元の落ち着いた色彩の彫り込まれた壁が空間に落ち着きをもたらしています。

 

⇒奥多摩園TOPへ