「駒沢小学校」の解:①

既存部分と増築部分を活かした建物デザイン

既存校舎は2階建て鉄筋コンクリート造。
1階は難聴学級の教室など、2階は屋外プールと更衣室となっていました。
コスト上のメリットで1階は内装改修、2階はプール撤去し増築としました。(赤:撤去、青:改修、緑:増築)また、1階と基礎への構造負担を考慮し、軽い鉄骨造が選択しまいた。

そこで1階既存鉄筋コンクリート造の上に軽い鉄骨造のロの字型の箱が重なる混構造として外観を表現しています。

1階の増築部分は校舎のエントランスとして、2階の増築部分は日射を遮るバルコニーとしての機能も付加しています。

駒沢小学校範囲図

⇒次へ ②.難聴学級としての遮音・吸音性能の確保と上下階の遮音・振動対策