「HO邸リノベーション」の解:④

レイアウトが変えられる

取外し可能な仕切戸や一つの照明に頼らない照明配置により、室レイアウトや家具レイアウトが自由となりました。
和室とリビングと仕切戸によって仕切り、みんなが集まるリビングとの関係を強めました。
和室廻りは仕切戸によって仕切り、必要に応じて取外して一体的な利用が可能な計画としています。

取り外し可能な引違扉で仕切られた和室
□和室・・・リビングに面して、取り外し可能な引違扉で仕切っています。上部はガラス欄間。

一つの照明に頼らない照明計画により様々な使い方に対応
□1.5倍の広さになったリビング・ダイニング・・・一つの照明に頼らない照明計画により様々な使い方に対応。既存梁を利用した天井と浮造りの無垢フローリング、珪藻土壁で構成されている。

 

 

⇒HO邸リノベーション TOPへ