光が射込む階段を中心に -HO邸リノベーション-

35年前に建てられた木造住宅、子世代へと引き継がれたいま
既存プランと生活スタイルの不整合を整理して
“いま”と”これから”の暮らしにあわせてリノベーションしました
□課題

①大きな面積を占めていた普段使いしない和室と縁側/②物の多さ。収納空間の確保と合理化/③3世代が共に暮らすいえ/④寒くて暑い居住空間の改善/⑤意識できない庭。庭と内部空間の関係性/⑥いまとこれからに対応できるいえ

⇒⇒⇒ 建築としての解

写真撮影:野村和慎

①.中心をつくる
②.風をぬく、光を取り入れる
③.外部空間をうまくつかう
④.レイアウトが変えられる