「ほうりんこころ保育園増築棟」の解:②

天然木を活かした保育室と原色系のトイレ

内装に原色系の色彩を使ったカラフルな保育園も多いですが、カラフルな園児たちや持ち物・備品で満たされることをイメージし、全体として

・明るいカバのフローリング床

・天然木による腰壁・建具+白い壁

・白い天井

として、シンプルな内装としています。

園の様子が掲示され、園児と保護者が行き交う中廊下。暗くなりがちな中廊下は保育室経由で光と風が届く明るく軽快な空間としています。

天然木を活かした内装-2階中廊下-

 

天然木を活かした内装-1階中廊下-

一方、トイレは「緑」「黄色」「オレンジ」「青」の原色系の腰壁とし、出入口扉も同色の色で塗装して、保育室とは違う遊び心ある空間としています。

⇒次へ 3.目線高さの違いに配慮した断面計画