「G研修所」の解:①

連続するコミュニケーション空間

コミュニケーション空間は吹抜けに面して連続し、最上階の講堂などのホワイエ空間とつながってます。

コミュニケーション空間となる共用部はガラスカーテンウォールとなっており、明るく開放的な空間づくりとなっています。

また、透明なガラスを介して内部のコミュニケーションのアクティビティは外部へ表出し、企業の活気をアピールできます。

 

GMEC_28

コミュニケーションボイドに面したオープンスペース
エントランスホール上部の吹抜けに面して、受付ロビー、リフレッシュエリア、カフェラウンジが面して配置されており、研修の合間のリフレッシュ空間となっている。

GMEC_36

6階ロビー・レセプションスペース
最上階の講堂、大会議室、中会議室に面したホワイ工空間に連続する開放的なオープンスペース。研修のレセプションパーティーや社内のイベントなどに活用。糸カーテンにより簡易的な間仕切りも可能。

 

 

⇒次へ ②.吹抜けを用いたコミュニケーションと自然換気