KG邸プロジェクト ー 隅をひらくいえ -

公園に対面した緩い傾斜の住宅地に建ついえ
グランドレベルから浮いた2階の生活スペースの隅をひらき、
空間と視線が広がる住空間としている

① 傾斜地を活かす

南側に緩く傾斜した住宅地。

南側には開かれた風景が広がっています。

その風景を活かした住空間とするためにリビング・ダイニングは2Fとし、

周辺の環境変化があっても、眺望と十分な採光・通風を確保できるように計画。

② 隅をひらく

南北軸は敷地に対して約45°振れています。

将来的にも開放性が確保される道路側は南西・北西となり、積極的な開口部の確保は日射負荷を大きくします。

そこで、隅をひらき真南向きとなるメインの開口部を確保します。

真南方向は将来においても開放性が担保でき、かつ、広がりのある風景を確保できます。

公園側の隅もひらき、公園側への抜けも確保します。

隅をひらくことで、開放的で広がりのある空間を計画。

③ 日射を遮蔽し、水平方向の広がるを生み出す深い庇

軒により影を生み出し、外部からの透明性を低減してプライバシーを確保します。

一方、内部からは天井と揃った軒下が視線を水平方向に導き、空間の広がりを感じさせます。

また、庇は直射日光を遮蔽し日射負荷を低減します。