fee

設計監理料

18,000円/㎡(延床面積)~  :新築戸建住宅の場合
(設計に加えて、現場監理も含めた料金です)

 

一般的には工事費の割合(10%前後)で設計監理料を決定している建築家・設計事務所が多いのですが、私たちは床面積基準での設計監理料としています。

これは、工事費によって設計が決まるものではないという考えからです。

設計監理料を吊り上げるために工事費をあげるといったことや、工事費コストを抑えるために知恵を絞った結果、設計監理料が抑えられるといった矛盾が起こらないような考え方です。

上記金額は基準となるものですが、規模や建築主様の予算等に応じて話し合いの上、決定させていただきます。(延床面積が200㎡を超える場合などは上記金額を低減します)

また、リノベーションや戸建住宅以外の用途は個別にご相談ください。

お支払時期は下記表のようになりますが、いきなり設計契約や設計料を求めることはありません。

まずは、お気軽にご相談ください。

 

※工事費、敷地調査費(敷地測量、真北測量、地盤調査など)、確認申請料、中間・完了検査料、各種登記費用、その他役所等届出関連費用は別途となります。

 

お支払時期

設計監理料

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別途費用について(参考)

・工事費

施工会社への工事金額は、原則数社による競争見積もりにより決定します。

工事費の支払いは一般的には工事請負契約時(工事着工前)、中間時(上棟時など)、建物引渡し時の3分割です。

支払時期や支払い方法などについては、最終的には施工会社との交渉になります。

競争見積もり時に支払い条件の提示を依頼し比較の対象とすることも可能です。

 

・敷地調査費

お持ちいただいている敷地関係の資料の中にある場合は不要となります。

また、計画する家の高さや敷地の規制状況によっては不要となる場合もあります。(真北測量など)

地盤調査や敷地測量は敷地規模や建物規模・構造や調査条件などによって異なりますが、一般的な戸建住宅の場合、それぞれ数万円から10万円程度です。

 

・確認申請料

確認申請は建物の規模や用途、申請先によって異なりますが、一般的な戸建住宅の場合は数万円です。

(日本ERIの場合:床面積100㎡以内の戸建住宅の場合、36,000円〔2013.6〕)

 

・中間・完了検査料

工事中または工事完成後の検査です。建物の規模や用途、申請先によって異なりますが、一般的な戸建住宅の場合は数万円です。

(中間検査 日本ERIの場合:床面積100㎡以内の戸建住宅の場合、36,000円〔2013.6〕)

(完了検査 日本ERIの場合:床面積100㎡以内の戸建住宅の場合、44,000円〔2013.6〕)

 

・登記費用

専門家に依頼した場合、建物表示・保存登記で10万円~程度です。

建築主様自ら登記をされる方もいらっしゃいます。