シミュレーションを活用:PICTORUいずも画像診断室 渡り廊下改修

既存棟との間の渡り廊下において、冬季の風が強く・冷たく吹き込んでくる。

風を遮るための渡り廊下の改修。建築基準法上外部渡り廊下としたままで風を遮る方法の選択が必要とされた。

□目的

風除け設置において、その仕様・高さ・設置位置についてどのような風環境となるのか?

風速3mおよび風速10mの場合について、

①何もない(現状のまま)の場合

②木製ルーバー設置の場合

③ポリカボネート設置の場合

についてシミュレーションし、適切な仕様と高さを選択し設置している。

 

風速3m

②の木製ルーバーを選択し改修

→ シミュレーションを活用した環境配慮設計業務 TOPへ