街の診療所で先端医療を! ~地域医療を支える画像診断クリニック~

MRIなどによる先端医療を実現する画像診断専門クリニック。
大学病院や総合病院などの大病院で順番待ちである先端医療をもっと気軽で迅速に実施することができるような施設として計画されました。

この施設を訪れる人は検査を前にして不安な気持ちを抱えている。

私はその不安を少しでも和らげたいと思い「外光が射し込む明るい木のクリニック」というコンセプトを提案しました。

病院の待合スペースってなんだか閉鎖的な空間のイメージがありませんか?
病院施設は機能が最優先。医療従事者のスムーズな動線確保と患者さんが使いやすい室配置が必要となるのですが、これらを満たすことで一般には待合スペースは診察室や検査室などの諸室に囲まれて暗くなりがちなのです。

また、総合病院などの大規模病院では法的な制限などにより内装材に木を用いたり、骨組を軽い木造とすることが容易ではありません。

街の診療所だからこそできる画像診断専門クリニック。

軽い木造屋根で覆われ、上部から光が射込む明るいクリニック、
それがピクトルいずも画像診断室です。

詳しくはこちらをご覧ください。