トップライトあらわる!

既存建物の改修工事や内装工事。

竣工図面と言われる工事内容を反映して作成された図面があっても、その図面と異なる部分もままあります。

竣工図面はありませんが設計図面や確認申請図面だけありますなんてことも多いですが、今回は図面関係はなにもないという状態から。

実測して、天井点検口から天井内を覗くなど調査して想定しながら図面を設計図面を作成し、解体工事をスタートしました。

建築主様には事前にお話ししますが、既存建物の改修工事などには解体してはじめてわかる「あけてびっくり!」ということが多々あります。

今回の内装工事でも、解体工事において「天井内からトップライトが現れました!」

 

運良く、窓のないトレーニング室内となる部分。うまくトップライトを活かせそうです。

まだ解体半ばですが、見えてきたところを踏まえて調整していく必要がありそうです。